今日の正彦さん-高村正彦先生の発言をまとめるブログ

地元・山口より。ほそぼそと更新中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成24年8月30日

 リンカーンが言った「人民の人民による人民のための政治」、これが民主主義の基本中の基本だ。4年間に具体的に何をやるか、4年間という短期に限ってやるマニフェスト選挙が正しいかどうかは別にして、マニフェストを掲げて選挙をやる以上、この前の衆議院選挙中に野田さんが言った「マニフェストに書いてあることは命がけでやるんです。書いてないことはやってはいけないのです。書いてあることをやらないで書いてないことをやるなどという人はマニフェストを語る資格がないのです」。この言葉は人民による政治、国民による政治という観点から100%正しい。
 ただ野田さんが政治をやっている間に、やはり消費税の問題を含む一体改革は誰がやっても避けることができない問題だと考えることに立ち至った。公約でやらないと言ったことをやる。書いてないことをやる。書いてないだけじゃなくて、はっきり民主党の人たちは口を揃えてやらないと、4年間はやらないと言っていたことをやる。だけれども誰がやっても避けて通ることができない問題だということになった場合に、一番正しいのはもう一度選挙をやり直して、政権の正当性を得て、一体改革をやるという道を取るべきだった。
 それがベストであったわけだが、政治生命をかけて誰がやっても避けて通ることができないことをやりたいと言うんで、私たちもそれは人民のための政治、国民のための政治という観点からは避けて通ることができないだろうなということで、次善の策として、ともかく一体改革を通すことに協力しよう、当然のことながら国民のための政治という観点から成立後、直ちに解散総選挙をする、ということを考えたわけだが、野田さんはその当然のこと、次善の策の解散もしようとしなかった。
 当然やるべきことを、選挙をやったら負けるからという理由でやらないということがまさに党利党略であって、私たちはそれでも「いや、党内でなかなか反対の人が多いからなかなかやりにくいんで、野田さんは本当に当然のことをやるつもりがあるかもしれない」と、その背中を押してあげるつもりで問責ということを考えるに至った。
 私たちは一体改革ということと、解散ということの二兎を追うという大きな戦略でやってきたわけだが、問責を出すことがそれに効果的であるかどうかという戦術的判断は執行部にお任せする以外にない。問責を出して一切の審議を参議院で拒否するということになると、国政が全く動かないということになる。従来の自民党の総理総裁の常識から考えれば、そういう状態になったら解散して国民の信を問うでしょうということだが、自民党の中でこういう声もある。「その当たり前の常識が野田さんに通用するのか」と、「追い込むことは不可能なのではないか」という声がないわけではない。ただ、その当たり前の常識ぐらい野田さんもわきまえていただいていると信じたい。
 問責の理由について色々言う人がいる。裁判の場合だと、刑事裁判でも同じことだが、例えば民事裁判の場合だと請求の趣旨というのがあって、そしてその請求の理由というのがあって、その両方が一体となって、一つの訴訟物ということになっている。その請求の趣旨が裁判所で棄却されても、理由が別であれば新しく裁判を提起することができる。だから請求の趣旨と請求の理由が一体となって一つのものになっている。
 ただ国会の場合は、信任せずとか問責せずという結果が一度判断された場合に、会期中に一事不再議で二度と起こすことができない。結論部分と理由部分が一体になっているわけじゃなくて、結論部分だけが審議の対象だということである。だから理由部分には必ずしも賛成できなくとも、結論部分が賛成であれば当然賛成すると、それは本来当たり前の話で、それは理由部分については賛成討論の中で、私たちの理由を明らかにして結論部分に賛成するというのは論理的にごく当たり前の話だ。
 裁判所の裁判が請求の趣旨と請求の理由で一体となっているのと比べて、問責の場合は結論部分だけが審議の対象。だからこそ一事不再議というのが、理由が違っても二度と出せないという話になっている。論理的に、その点で責められる理由はない。むしろ常識のない人をそこまでやって追い込めるのかなというだけが問題だろうけれども、いやしくも野田さんは一国の総理であるから、そんなに常識のない人だという前提で物を考えなくても良いのではないか。




■参考■上記発言の問責について 
ぶるーさんのブログ じみんといっしょっ 『日本再興を願って!』
書き起こしと動画がございます。合わせて参考になさって下さい。
2012年08月29日
 ↓クリック
本日、参議院にて問責決議が採決可決されました

バビッチ★佐野さんのブログ 騙される奴が悪いのか?
上記の”野田さんが言った言葉”の書き起こしと動画が掲載されています。
↓クリック
野田佳彦の街頭演説 ~ 超特大ブーメラン ~

関連記事

高村正彦公式サイト

koumura_masahiko.jpg

自由民主党公式サイト

jimin_01_200x50.gif

自民党山口県連公式サイト

自民党山口県連facebook

本のご紹介です

高村正彦「真の国益を」
高村正彦「真の国益を」大下 英治

徳間書店 2010-11-30



Amazonで詳しく見る
by G-Tools

動画チャンネル自民党カフェスタ

カフェスタ

検索フォーム

QRコード

QR

プロフィール

NN

Author:NN
後援会スタッフです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。