今日の正彦さん-高村正彦先生の発言をまとめるブログ

地元・山口より。ほそぼそと更新中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成27年3月4日

 安保法制の与党協議だが、公明党内、自民党内のそれぞれの意見に注意深く耳を傾けているが、公明党の中にも、昨年の合意に基づく閣議決定をちゃぶ台返しするような意見もほとんどないし、自民党内にも、その閣議決定の趣旨を超えて自衛隊を動かすという意見もあまりないということで、合意について、それほど高いハードルがあるとは思っていない。
 公明党が言うところの自衛隊派遣の3原則についても、具体的中身を良く聞いてみなければわからないが、十分話し合いをすればいいのではないか。合意に向けて必ずしも容易であるとは言わないが、悲観すべき要素は無い。
 昨日の予算委員会の質疑の中で、法案を通してから日米ガイドラインをやるべきではないか、それが筋ではないかという議論があったが、それは全く筋ではない。ガイドラインというのは法的拘束力があるわけではないし、前のガイドラインの中にもはっきりと、各国の法律と予算の範囲内で行うと書いてある。
 ガイドラインというのは、本来法的拘束力のないものであるが、法的拘束力のある条約についても、まず締結してから批准する。批准する前に国内法を整備する。国内法を整備した後に批准するわけだが、国内法を整備した後でなければ条約を締結してはいけないという議論は聞いたことがない。
 まず、両国政府間の合意があって、その後で国内法を整備して、その上で国会で批准するという、条約についてもそういうことであって、より軽いガイドラインというものは、法律が成立する前にあるというのが、むしろ普通の形である。
関連記事

トラックバック

トラックバックURL:http://alulunottu.blog.fc2.com/tb.php/310-8227ce6c

高村正彦公式サイト

koumura_masahiko.jpg

自由民主党公式サイト

jimin_01_200x50.gif

自民党山口県連公式サイト

自民党山口県連facebook

本のご紹介です

高村正彦「真の国益を」
高村正彦「真の国益を」大下 英治

徳間書店 2010-11-30



Amazonで詳しく見る
by G-Tools

動画チャンネル自民党カフェスタ

カフェスタ

検索フォーム

QRコード

QR

プロフィール

NN

Author:NN
後援会スタッフです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。