今日の正彦さん-高村正彦先生の発言をまとめるブログ

地元・山口より。ほそぼそと更新中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成26年11月19日

 昨日の安倍総理の消費税増税1年6カ月先送り、そして衆議院解散の決意表明だが、まず第一に、安倍総理のデフレ脱却、デフレとの戦いにかける並々ならぬ決意を感じた。
それと同時に次の法案においては景気弾力条項を入れないと明言されたということは、財政再建についてもしっかり配慮し、不退転の決意を示したということだ。
三つ目に言えることは、そういう景気弾力条項を入れないということをはっきり言えたのは、アベノミクスに対する並々ならぬ自信、消費税分を含む物価上昇を賃金が次の1年半先までには必ず追い抜いていくという自信を示したものだと言える。

 さらに言えば、今自公で圧倒的多数をもっているにもかかわらず大きな政策変更ということで国民に信を問うという考えは、民主主義政治というのは国民の為の政治ということと同時に、国民による政治が大切なんだ、民主主義というのはそういうものだというしっかりとした見識を持った政治家であるということを示したことだ。

 翻って民主党が政権を取った時、のちに総理大臣なる野田佳彦さんは「シロアリ退治が先だ。消費税を上げない」と言っていたにもかかわらず、信を問うことなく消費税を上げる決断をした。
そしてその消費税法案を通すときにも我々は国民の為の政治として良いことだということで協力したわけだが、国民による政治という意味からは民主党は公約違反であったので、何度も何度も前に解散しろと言い、それはダメだということであれば近いうちに解散という約束を取って法案を通したにもかかわらず、法案が通ったら言を左右にして、その近いうちがどんどん延びたということがあった。
それに対して国民が鉄槌を下したというのが前回の選挙であった。

 今回の消費税先送り、解散ということが報道されたときにその野田前総理が何と言ったかというと、「究極のポピュリズムだ」ということを言った。
先送りをしてはいけないという信念を持っていたのだと思う。
それにもかかわらず実際に選挙が行われるようになったら、先送り容認ということを言っている。
これこそ究極のポピュリズムだ。

 これから総理の決意を受けて、自民党としては一致団結して戦っていきたい。

 

関連記事

トラックバック

トラックバックURL:http://alulunottu.blog.fc2.com/tb.php/290-f1290fc0

高村正彦公式サイト

koumura_masahiko.jpg

自由民主党公式サイト

jimin_01_200x50.gif

自民党山口県連公式サイト

自民党山口県連facebook

本のご紹介です

高村正彦「真の国益を」
高村正彦「真の国益を」大下 英治

徳間書店 2010-11-30



Amazonで詳しく見る
by G-Tools

動画チャンネル自民党カフェスタ

カフェスタ

検索フォーム

QRコード

QR

プロフィール

NN

Author:NN
後援会スタッフです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。