今日の正彦さん-高村正彦先生の発言をまとめるブログ

地元・山口より。ほそぼそと更新中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成26年10月29日

 アベノミクスは良い方向に進んでいる。何よりも有効求人倍率がすべての地域で上がっている。有効求人倍率が上がれば必ず賃金が上がる。賃金が上がれば必ず消費も付いてくる。こういう関係になっている。雇用者実質総所得、これは現実に上がってきている。既に消費税分を除けばここ数カ月、プラスになってきている。一定の期間のうちに消費税分も追い抜いて行くのだろうと期待できる。
 アベノミクスは良い方向に向かっていると申し上げたが、勢いが十分かと言えば必ずしも十分とは言えない。多分7-9月の数字もあまり良くない。7-9月の数字がどういう意味を持つものかというのは、消費税上げの反動減がまだ残っていると見るのか、天候要因が多いと見るのか、あるいはその反対に反動減以上の構造要因があると見るのか、色んな見方があるが、そこをしっかり見なければいけない。
 消費税率を上げる法案を作った時に景気弾力条項を入れたけれども、その当時法律を作った人達が想定していた景気状況から比べれば、大抵の人が今の方がいいというのは事実だと思っている。
 ただ、今言ったように勢いが十分ではないので、それに対する対策はしなければいけない。消費の中でかなり打撃を受けている住宅などは、贈与税の非課税は今でもあるが、これを継続する、拡大する必要がある。そういうことも含めしっかり検討していかなければならない。これは一つの例であって、やはりアベノミクスの勢いを更に増すための色々な経済対策をしていかなければならない。

 民主党の川端国対委員長が「法案審議もしっかりやる」とおっしゃった。大変良いことだ。言葉の通りやって頂きたい。
 私が自民党山口県連の挨拶の中で、野党が返り血を浴びても閣僚の不祥事を追及せよという大号令をかけているという趣旨のことを言ったことをとらえて、民主党の枝野幹事長が、「大号令をかけるとすれば自分だが、自分はそんな号令をかけていない。」こういうふうに言った。
 私は民主党で大号令をかける人が幹事長唯一人だとは知らなくて大変失礼したが、私が、“野党が”大号令をかけていると言ったのを、枝野幹事長が民主党のことと受け止め、大号令をかけるとすれば私だと言ったということは、民主党の国対幹部が返り血を浴びてもやるとか、政策審議よりもスキャンダル追及という中号令か小号令をかけていることを、枝野幹事長が十分認識していたということだ。
関連記事

トラックバック

トラックバックURL:http://alulunottu.blog.fc2.com/tb.php/289-0a24628c

高村正彦公式サイト

koumura_masahiko.jpg

自由民主党公式サイト

jimin_01_200x50.gif

自民党山口県連公式サイト

自民党山口県連facebook

本のご紹介です

高村正彦「真の国益を」
高村正彦「真の国益を」大下 英治

徳間書店 2010-11-30



Amazonで詳しく見る
by G-Tools

動画チャンネル自民党カフェスタ

カフェスタ

検索フォーム

QRコード

QR

プロフィール

NN

Author:NN
後援会スタッフです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。