今日の正彦さん-高村正彦先生の発言をまとめるブログ

地元・山口より。ほそぼそと更新中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成26年6月4日

 安保法制に関する与党協議だが、今国会中に政府見解を閣議決定したいという私の願望からいえば、日暮れて道遠しという面もあるけれども、公明党側もいつまでにということは別にして、与党内でまとめなければならないということで真剣に取り組んで頂いていることを思えば、望み無きにしも非ずというふうに思っている。公明党側がまとめなければならないということで真剣に取り組んで頂いている象徴が、週に1回1時間程度いうところを週に2回1時間半以上にということを快く受け入れていただいたということがある。
 また、議論の内容にしても、まとめるべく真摯な議論をしていただいている。後方支援に関わる一体化の議論にしても、今まで一体化ということを広く認め過ぎてきたのではないか、その当然の帰結として自衛隊の後方支援を制限し過ぎてきたのではないかということについては、公明党も方向性としては同じ見解をもっている。ただ、政府の考えを聞いた途端にそこまでやるのかとちょっとびっくりしたということがあったが、ちょっとびっくりしたということが、良く説明を聞いて収まって頂けるのか、そのびっくりしたことの方が多くの国民の気持ちにマッチしているのか、そういったことも含めて調整可能なことだと考えている。
 これから集団的自衛権が絡む議論に入っていくわけだが、国の存立を全うし、国民の命と暮らしを守る必要最小限度のことをやらなければならないということについては、自民党も公明党も一致しているわけであって、その一致していることについて、これは集団的自衛権と言わざるを得ないのか、警察権や個別的自衛権で読めるのか、法解釈の問題が争点になっているということが一つあるわけですが、これは法理論の問題ですから、これも解決可能だ。
 更に今は必要最小限度といっても、そのうち拡がってまるまる認めるようになるのではないか、これは仮に拡げるとすれば、その時は憲法改正以外には不可能ですよと言っているわけだが、まだ懸念をもっていることについて、その懸念を払しょくするためにどういうふうなことをしたらいいのか、これも調整不可能なことではない。いずれにしても、今国会中という不可能を可能にするように、私としては努力していきたい。

 
関連記事

トラックバック

トラックバックURL:http://alulunottu.blog.fc2.com/tb.php/235-72057a2e

高村正彦公式サイト

koumura_masahiko.jpg

自由民主党公式サイト

jimin_01_200x50.gif

自民党山口県連公式サイト

自民党山口県連facebook

本のご紹介です

高村正彦「真の国益を」
高村正彦「真の国益を」大下 英治

徳間書店 2010-11-30



Amazonで詳しく見る
by G-Tools

動画チャンネル自民党カフェスタ

カフェスタ

検索フォーム

QRコード

QR

プロフィール

NN

Author:NN
後援会スタッフです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。