FC2ブログ

今日の正彦さん-高村正彦先生の発言をまとめるブログ

地元・山口より。ほそぼそと更新中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成26年7月16日

 安倍総理は、この度の閣議決定で決まった安全保障法制整備の法案について、一括して提案したいという意向を示しているが、私もその方が全体像を国民に理解して頂けるということでいいだろうと思う。そういうことになれば、今年の臨時国会というのは時間的に難しいので、来年の通常国会になるというのが常識的だろう。
 閣議決定の内容を年末の日米防衛協力の指針、日米ガイドラインに反映させる。そして日米ガイドラインで決まったことを法案審議に反映させる。そして普通で言えば、特別委員会を作って国民の前で大議論して決めていくのがいい。
 17年前のガイドラインの時も、ガイドラインを作った後でその内容の法案を整備して国会に提案して、特別委員会を作って大議論をして決めたということもあった。
 あの時は近隣有事の時に、後方支援といえども米軍を支援するということは、アメリカの戦争に日本が巻き込まれる恐れがあるという反対論も当初かなり強かったわけだが、国会審議の過程でかなりの納得が得られたし、更に今日に至って周辺事態安全確保法が日米同盟の緊密化に役に立って、日米同盟堅固なるぞということを世界に発信して抑止力が高まっていることは紛れもない事実であって、今周辺事態安全確保法を取り上げて、アメリカの戦争に巻き込まれると言っている人はいるのかもしれないけれども、私の耳には聞こえてこない状況というのは大変嬉しいことだ。
関連記事
スポンサーサイト

7月13日(日)NHKスペシャルに出演します

NHKスペシャル 集団的自衛権 行使容認は何をもたらすのか

http://www.nhk.or.jp/special/index.html
260711告知 


2014年7月13日(日) 午後 9時00分~9時49分

NHK総合テレビ


自由民主党・高村正彦副総裁が出演いたします。

ぜひご覧ください。

【番組の感想・管理人より】
ぜひご覧ください、と書いてしまった事を後悔する内容でした。
高村副総裁は(編集の都合か)出番はほとんどありませんでした。
公明党の広報番組みたいでした。
さしずめ公明党苦労物語といったところでしょうか。
公明党の山口代表が「自民党内から反対する人が出ないのが不思議だ」というようなことをおっしゃっていましたけれども、党内で意見がまとまることがそんなに不思議かなぁ。
自民党の党内で意見がまとまると何か都合が悪いといった印象でした。

番組冒頭、進行役のNHK政治部長小池英夫氏は
集団的自衛権の一部容認は
「わが国の存立が脅かされ、国民の生命、自由及び幸福追求の権利が根底から覆される明白な危険がある場合」
という縛りがかかっている
という説明は一切せず、
「今後法整備が行われれば直接攻撃を受けなくても、同盟国アメリカなどが攻撃を受けた場合に武力が行使できるようになります」とさらっと視聴者が誤解するようなことをおっしゃっていました。

またNHKは「国民への説明が足りない」という論調を押しているようですが、
それならば50分間の時間を無駄にせずに中身のある説明をされればいいのに。
マスコミ各社、「強引な安倍総理」「説明が足りない」で押していくんだろうな、という印象を持ちました。
騙されないようにいたしましょうね。自戒も込めて。
関連記事

平成26年7月2日

 集団的自衛権について民主党の海江田代表が色々発言していたが、その発言の中で「これからが勝負だ」というのは100%正しい。閣議決定をしたからといって集団的自衛権が行使できるわけではない。この閣議決定をもとにして法案をしっかり作って国会にかけて、立法府が議論をした結果、はじめて自衛隊を動かして集団的自衛権を行使するという国家意思が確定するわけだから、これからが勝負だというのは100%正しい。
 私たちはまだ国民から十分理解を得られていないというのはその通りだし、理解を得るべく説明責任を果たしていく。自衛隊の時も、日米安全保障条約の時も、抑止力を作った方が国の存立を全うし国民を守るために役に立つのか、そういうことをするから戦争になり国の存立が危うくなるのかという議論があった。
 長い年月を経て私たちの主張が勝ち抜いてきたが、私たちはしっかり説明責任を果たしていけば、二度あることは三度あるが、相手方は三度目の正直とばかり戦いを挑んでくることは予測できることだ。
 どっちが国の存立を全うし国民を守るために役に立つのか。抑止力があった方がいいのか。もちろんその抑止力が、集団的自衛権のうち一部を容認することが適切かどうか、そういうことがあるから危なくなるのか、あるから守れるのか。どっちを国民が納得してくれるのか、これからが勝負だという点は海江田さんが言う通りだから、これから君子の勝負をしていきたい。
260702-1.jpg
関連記事

高村正彦公式サイト

koumura_masahiko.jpg

自由民主党公式サイト

jimin_01_200x50.gif

自民党山口県連公式サイト

自民党山口県連facebook

本のご紹介です

高村正彦「真の国益を」
高村正彦「真の国益を」大下 英治

徳間書店 2010-11-30



Amazonで詳しく見る
by G-Tools

動画チャンネル自民党カフェスタ

カフェスタ

検索フォーム

QRコード

QR

プロフィール

NN

Author:NN
後援会スタッフです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。